「相続」に関する用語集 や行

相続に関する用語と説明

や行

遺言(ゆいごん・いごん)

遺言者(被相続人)が、死後に残る自分の財産を誰にどうやって分配するかを伝えることです。
相続人同士が、遺産相続で争族しないように、スムーズな相続ができるようにとの願いです。
書類として残すものが、遺言書といいます。


遺言執行者(ゆいごんしっこうしゃ・いごんしっこうしゃ)

遺言を実行する人のことをいいます。


遺言者(ゆいごんしゃ・いごんしゃ)

遺言をする人をいいます。


遺言書(ゆいごんしょ・いごんしょ)

遺言者(被相続人)が、死後に残る自分の財産を誰にどうやって分配するかを伝える最後の大切な手紙です。
相続人同士が、遺産相続で争族しないように、スムーズな相続ができるように願いを込めた手紙です。
遺言書には、おもなものとして次の3つがあります。
 ●自筆証書遺言
 ●公正証書遺言
 ●秘密証書遺言